生命保険の「転換契約」はトリックだぞ!

生命保険見直しビギナーズ

生命保険の見直しを考えているアナタに生命保険情報満載でお届けします。

生命保険の「転換契約」はトリックだぞ!

読了までの目安時間:約 5分

生命保険の「転換契約」はトリックだぞ!

転換契約についてご存知でしょうか。

すでに生命保険に加入している方の中にも、転換契約を勧められた経験のある方は多いはずです。

保険の下取り制度

転換契約とは、現在、契約している生命保険の解約返戻金を新しく契約する保険の頭金に充当し、新しい保険に入る方法を言います。

一般には、保険の下取り制度といわれることも多いものです。

しかし、この下取り制度という言葉が曲者です。

生命保険の下取り制度と、車の下取りとはまったく違います。

車の下取りは、その下取り業者が下取りする車に対して対価を支払ってくれます。

しかし、生命保険における転換契約では、たとえ下取り制度と呼ばれても、保険会社は、転換前の保険に対して一切お金を支払ってくれるわけではありません。

解約返戻金を貯めたのは契約者

転換契約では、現在入っている保険をいったん解約し、その解約返戻金を利用して新しい生命保険に新規加入します。

解約返戻金を利用して、新規に保険に加入するわけですから、当然、保険料は安くなります。

しかし、ここで注意すべきは、その解約返戻金を貯めたのは契約者だということです。

生命保険の事業者がお金を援助してくれたり、前の保険を買い取ったりしてくれるわけではありません。

つまり、転換契約ではなく、解約返戻金を受け取って、保険を見直すことによって、保険料を安くし、十分な保障を得られる可能性もあるのです。

解約返戻金は財産です。

自分のお金なのです。

有効に活用しなければなりません。

転換契約は一種のトリックともいえます。

保険は、掛け捨て部分と比べれば、非常に少ないとはいえ、継続すればするほど、解約返戻金や満期保険金が貯まります。

もしも、今までの保険料と変わらない保険料で、転換後の保険設計を提案されたら、保険料が値上げされていないように見えるだけで、実は自分が受け取るべき解約返戻金が充当されているにすぎないのです。

しかも生命保険の営業担当者の多くが、その解約返戻金を特約部分に下取りしてしまいます。

そのため実際には、払い込み完了時に貯まっているはずの積立金はなくなってしまうことになります。

生命保険は折をみてしっかり見直しを

生命保険は、年齢とともに必要とされる内容が違ってくるものです。

だからこそ、生命保険は節目をみてきちんと内容を見直すようにしましょう。

例えば、子供が小さくてまだまだ金がかかる年齢であるのと、子供が巣立ってからでは、万が一のときに必要とされる保険が違ってきますよね。

子供が小さい時に大黒柱に何かあれば、それなりの保障が必要になりますが、夫婦二人だけであればそれよりはお金が必要ないかもしれません。

いずれにしても、昔入った貯蓄系の「お宝保険」の場合、これを解約することは、本当に大損です。

絶対に転換に応じることをしてはいけません。

生命保険の転換・下取り・乗り換えはしない・だまされない

最後のまとめになりますが、生命保険の転換・下取り・乗り換えはしないということです。

特に昔入った予定利率が高い保険は割安・高利回りの「お宝保険」と言われているやつ。これは絶対に解約に応じることをしてはいけません。

保険営業が「新しい保険ができました」とか「更新時期がそろそろ・・」とか「生命保険を見直しましょう」・・・などと向こうから言ってきたら本当に注意。

何も知らない、あなたのお宝保険の転換、そしてその保険の解約を狙っています。とくに昔から積み立てた積立部分の大きな保険(貯蓄性の高い終身保険や養老保険)を解約されたらほんとうに大変な大損です。

あなたの保険が、どんな保険か?それをチェックしておくいいチャンス。いつも保険営業にやらせると転換・解約を迫られます。

絶対に保険のチェックや見直しは、入ったとこ以外でやることをオススメします。

管理人

保険の見直しは早いほうがいいよ。特に生保レディ言いなりとか、なにも考えず入ったモノ。こうしているうちもムダな保険にムダなお金を払っているのだから。悔しくない?

そのムダな保険をダイエットすることオススメ。人によっては、内容によっては、半額になることもあるよ。

>>保険見直し無料相談(オススメ!保険GATE)

 

転換契約とは

もう1記事いかがですか?|関連する記事一覧

TOPへ戻る