転換契約はトリックだぞ!

15083112-00

スポンサードリンク

転換契約についてご存知でしょうか。

すでに生命保険に加入している方の中にも、転換契約を勧められた経験のある方は多いはずです。

保険の下取り制度

転換契約とは、現在、契約している生命保険の解約返戻金を新しく契約する保険の頭金に充当し、新しい保険に入る方法を言います。

一般には、保険の下取り制度といわれることも多いものです。

しかし、この下取り制度という言葉が曲者です。

生命保険の下取り制度と、車の下取りとはまったく違います。

車の下取りは、その下取り業者が下取りする車に対して対価を支払ってくれます。

しかし、生命保険における転換契約では、たとえ下取り制度と呼ばれても、保険会社は、転換前の保険に対して一切お金を支払ってくれるわけではありません。

解約返戻金を貯めたのは契約者

転換契約では、現在入っている保険をいったん解約し、その解約返戻金を利用して新しい生命保険に新規加入します。

解約返戻金を利用して、新規に保険に加入するわけですから、当然、保険料は安くなります。

しかし、ここで注意すべきは、その解約返戻金を貯めたのは契約者だということです。

生命保険の事業者がお金を援助してくれたり、前の保険を買い取ったりしてくれるわけではありません。

つまり、転換契約ではなく、解約返戻金を受け取って、保険を見直すことによって、保険料を安くし、十分な保障を得られる可能性もあるのです。

解約返戻金は財産です。

自分のお金なのです。

有効に活用しなければなりません。

転換契約は一種のトリックともいえます。

保険は、掛け捨て部分と比べれば、非常に少ないとはいえ、継続すればするほど、解約返戻金や満期保険金が貯まります。

もしも、今までの保険料と変わらない保険料で、転換後の保険設計を提案されたら、保険料が値上げされていないように見えるだけで、実は自分が受け取るべき解約返戻金が充当されているにすぎないのです。

しかも生命保険の営業担当者の多くが、その解約返戻金を特約部分に下取りしてしまいます。

そのため実際には、払い込み完了時に貯まっているはずの積立金はなくなってしまうことになります。

生命保険は折をみてしっかり見直しを

生命保険は、年齢とともに必要とされる内容が違ってくるものです。

だからこそ、生命保険は節目をみてきちんと内容を見直すようにしましょう。

例えば、子供が小さくてまだまだ金がかかる年齢であるのと、子供が巣立ってからでは、万が一のときに必要とされる保険が違ってきますよね。

子供が小さい時に大黒柱に何かあれば、それなりの保障が必要になりますが、夫婦二人だけであればそれよりはお金が必要ないかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

15060814-00

2015.6.8

保険料金は適切かを確認する

ところで生命保険の各社の多くがきちんと企業として成立しているのは、とりもなおさず、保険のカバーする補償が、保険会社の収入よりも小さいからです…

管理者プロフィール

管理者

こんにちは。管理者のMayです。ウチの生命保険は会社に来た保険レディーに言われるままハンコをした典型的なお任せタイプでした。

そんなウチもばっちり見直し完了。保険料は下がるし、必要なものがわかったし、バッチリ。次はあなたの番です!

おすすめ記事

  • 15031616-00

    2015.3.16

    社会人になった時に考えること

    社会人になるというのは生命保険のデビュー年齢になったという事です。 一般的に学…

  • 15092813-00

    2015.9.28

    生命保険が必要な人

    生命保険に加入する必要がある人とは、とても簡単に言うと、その人が亡くなったとき、…

  • 15011513-00

    2015.1.5

    生命保険について

    生命保険の最も基本的な機能はやはり「死亡保障」ですね。 生命保険は18世紀の半…

  • 15011217-00

    2015.1.12

    死亡保険

    死亡保険は契約者が死亡した時に支払われるもので、生命保険の根幹をなすものです。 …

  • 15122808-00

    2015.12.28

    終身保険とはどのようなものか

    生命保険の中でも、終身保険はもっともポピュラーで、歴史もある保険であるといえるで…

人気保険見直し:1位

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る